*All archives* |  *Admin*

2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュースのからだ その6




2015年9月4日、ジュースは亡くなりました。

享年推定9歳。9月23日のお誕生日(うちの子記念日)でちょうど10歳を迎える予定でした。



でもこれはきっと初めから決まっていたことなんだと思います。

目に見えない誰かに、地上でジュースとして与えられた命の長さはきっと決められてた。

それをジュースは全うしたんだと思います。



きっと、きっと、前の飼い主に捨てられちゃったことも、
(きっと悪徳ブリーダー。膣脱して愛護センターに持ち込まれたくらいだもん。
膣脱は沢山子供を産むとなるらしいです。)

ボランティアさんが引き出してくれたことも、

我が家に来てくれたことも、

病気になっちゃったことも、

私たちに夏休みを取らせ、雨を降らせたことも。


きっと見えない誰かが決めたのか、

もしかしたらジュースが選び、そう仕向けたのかもしれません。



いつかは、とは思っていたけど、こんなに不意にその時が来るとは思ってませんでした。

心の準備はできてないまま。


しばらくの間は涙が止まりませんでしたが、

冷たく動かないジュースの体を、寝るときは一緒のベッドまで連れて行き、

起きているときはリビングのソファーの上で寝かせたりしてるうちに

自然に心がジュースの死を受け入れられた感じ。

3日後、火葬してもらう時には、ちゃんと送り出してあげることが出来ました。

IMG_5099.jpg


IMG_9308.jpg


ジュースは沢山の思い出を残していってくれました


大喜びの時は裏声の遠吠えになっちゃうこと

よーちゃんが贔屓するナツをライバル視して、2人のイチャつく姿を見ようものなら嫉妬に荒れ狂うこと

テレビの中の動物が大キライで、チャンネルを回すまではテレビの前で吠え続けたこと

イー○○損保のCMと、3分クッキングは特にキライで、
音楽だけで気づいて全身の力を込めて吠えまくること

前から引っ張られるのが極端に嫌で、あとずさりで逃げようとすること
(きっとうちに来る前に、前から無理やり引っ張り出されて嫌な事されていたと思われる)

誰かとくっついてないと落ち着かない甘えん坊なとこ

ココナツよりも格段に皮膚が柔らかく、暖かかったとこ



もっと、もっと沢山あるけど、上げていったらキリがない。




そして、そして、いろんなありがとうがあります


共働きで留守番時間が多い我が家でも里親にさせてくれたちばわんさんに

いろいろ教えてくれて、お世話になった病院の先生やスタッフさんに

3月以降、毎日昼休みは1度家に帰り、ジュースの様子を確認してくれていたよーちゃんに

毎週病院へのプチデートに連れ出してくれたジュースに

病院で会うといつも心配してもらっていたパグ友に

何よりも、うちに来てくれて、沢山の楽しい思い出を残してくれたジュースに


DSC_2049.jpg



きっとうちに来るまで、ハードな犬生を送ってきたであろうジュースには

我が家でのんびり、まったり、ゆっくりと過ごしてもらいたかったけど、

太く短く駆け抜けて行っちゃいました。。。



でもきっとジュースは幸せに過ごしてくれていたと思う

いっぱい旅行も行って、いっぱい遊んで、いっぱい食べて、いっぱい寝て。

そんなジュースと一緒にいれて、私たちもとてもとても幸せでした。




寒い冬、体温が高くて柔らかい皮膚のジュースは

最高の湯たんぽでもありました。

今年は私たち、数年ぶりに風邪ひいちゃうかも

だからジュース、またうちにきてくれていいからね~



ココとナツは、はじめの頃は「ジュースはどこ?」と聞くと

ジュースの姿を探してました。

でも最近はもう探しもせず、なんのこと?って表情。

結構冷たいのね〜

でも、絶対に忘れて欲しくないから、シツコク聞くからねっ。覚悟しな!




もしもジュースが新しい命をもらったとしたら、

やっぱり苦しまず、辛い思いはせず、

楽しく、のんびり、幸せに過ごして欲しいなっ。

それが、とーさんとかーさんの心からの願いです。


ジュース、たくさん、たくさん、ありがとう

そして、またね


CIMG1554.jpg
スポンサーサイト
ジュースのからだ その5



9月2~5日で夏休みを取りました

9月なのでまだまだ暑い。涼しい所へ行こう

となり、長野県へ行くことにしました。

お宿は…ジュースの現状を話すと断られました。
(元々口臭は結構ある方でしたが、病気後は特有の臭いが強く香っていました。
細胞が腐ってる臭いと言うのかな

私たちも引け目を感じながらお宿に泊まるより、

家族だけで気兼ねなく楽しく過ごせる方がいいよね、ということでキャンプに変更

キャンプは毎年何回か行くし、お気軽お手軽


でも、でも、なぜか今年の夏は

8月中旬からずーーーーーっと長雨が続いていました。

でもキャンプなら予約なしで大丈夫だから、

お天気によっては旅行自体のキャンセルも容易に出来る

旅行に行くか、家でゆっくり過ごすかは、直前に決めることにしましたが、

やはりお天気は回復せず、結局は旅行自体を取りやめ。

雨のワンコ連れの観光ほど面白くないものはないもんね。

で、家で家族でゆーーーーーっくり過ごす事に


家でのんびり過ごしていたら、不意に雨が上がって日が差す時がきたっ

折角だから、ココナツジュースの気晴らしにでも、と

近くの大きな公園にピクニックに行きました

と言っても、ジュースは完全カートですが。

それでも、外の空気を吸うだけでも気持ちが良いかも知れないし。

お散歩に出たけど、流石は夏。結構蒸し暑い~

って事で、あっという間に帰宅。

家の私道に入ってからジュースを道路に下ろしてみましたが、硬直

外での歩き方忘れちゃったのかな~

結局抱っこで家に入りました。


そして、夜、なんだかジュースがしんどそう。。。

ベッドに入り、寝ようとしますが暫くすると口を開けてガハガハ、

暫くガハガハすると落ち着いて、また少し寝ますが

また暫くしてガハガハ、を繰り返しています。


「明日は念のため朝一で病院に行こう」と決めて朝を迎えました。

病院で診てもらうと、やっぱり少し辛そうなので、ネブライザーしましょうと。

これをすることで呼吸が楽になったり、薬を噴射するので、

消毒?呼吸器を綺麗にする作用もあるようです。

ジュースがネブライザーしている間に院長先生とお話です。

「今後は様子をみながらネブライザーもしていきましょうね。

それと家庭用の酸素室のレンタルもあるので検討してみて下さい」と。

ちゃんと寝れてなさそうな状態については

「とても貧血を起こしている状態です。

体が酸素を求めていますが、寝ると酸素の取り込みが少なくなってしまうので、

脳が、"起きて酸素をもっと取り入れて"と指令を出しているので、体が寝られません。

脳が出すその指令を止める座薬もありますが、イコールそのまま戻らなくなる場合もあります。

ジュースちゃんはまだ寝れているようなので、全く寝れないような状況になったらまた相談しましょう。」

という事で、この日は酸素室のチラシを貰い、

ジュースはネブライザーを30分位、インターフェロンの注射と、いつもの粉薬を処方してもらって終了。

帰りの車では「貧血かー、レバーペーストでもご飯に混ぜよっか~」なんて話ながら帰宅。

ココナツジュースを家に下ろし、ジュースが食べられるゼリーオヤツを買い出しに

30分位留守番してもらいました。



ただいま~、と家に帰ると、、、

いつも遠吠えで喜んで出迎えてくれるジュースが動いていないのが目に入りました。

急いで駆け寄り、何度も名前を呼びながら揺り動かしますが、変化なし。

目は開いたままです。


蘇生処置をしてもらうために、抱き上げ車まで急ぎます。

車に乗り込むところで、脱糞、脱尿。

もうダメなのかも、と心の奥では思いながら、なんとか蘇生させてもらいたい。


さっきまでいたいつもの病院は家から車で30分かかります。

そんな暇はないので、家からすぐの動物病院へ。

ここの病院は町医者的なので、専門性は少し低かったり、とても大きな措置は難しいですが、

家からも近く、とても良い先生なので、いつもジュースの状態は報告して、知っていてもらっていました。

なので、この病院に向かいましたが生憎時間外。

先生の携帯も繋がりません。


もう、朝の病院しかない

車を発進させながら、こちらも時間外の病院に電話しました。


「さっきまで診察してもらってたジュースが…」

直ぐに院長先生に繋げてくれました。

「気道を伸ばして、舌を引っ張ってみて下さい。大きく息を吸い込む動作はありますか

全くありません。

何度やっても、もう息を吸い込んではくれませんでした。。。

院長先生は「息を吸い込まなければ蘇生処置は出来ませんので、

お家で、家族の元で見送ってあげて下さい。」と。


そしてまた、家へ帰りました。。。




次へつづく。
ジュースのからだ その4



3月頭の診断から、5か月が経ち8月に入りました。


続けているのは、週1回のインターフェロンの注射と、

毎食混ぜてあげる胃薬、抗がん剤、ステロイドなどが混ざった粉のお薬、

そして、たまたま見た本に免疫力を高める効果があると書いてあった人参ジュースでご飯をふやかし、
(最初はすりおろした人参をあげていたけど面倒になって100%のジュースにしちゃいました)

それと時折薬が変わった時に気にくわなくてご飯を拒否することがあり

それでは薬も上げられず元も子もない 

何とかご飯だけはしっかり食べてもらって、元気と薬は維持しなければ

との思いからご飯に足してあげるようになったミキサーにかけたバナナ。

という、なかなか盛りだくさんなごはん

おかげで、口の中には邪魔なものがありましたが、頑張って食べきっててくれ、ほぼ毎食完食

パグ飼いのみなさまは良くわかりますが、パグがご飯を残すことほど心配な状況はありませんからね



そして8月頭、担当の院長先生の診察時に褒められました

「〇〇さん、これはすごいことですよ」

・食欲があること
・体重が変わらないこと
・舌の色が悪くないこと
既に5ヶ月が経っていること

今まで先生に褒められることはなかったので、嬉しい

確かに最初は、ジュースの命はどのくらい頑張れるのだろう数週間数か月

9月23日の10歳のお誕生日を迎えたいな

と心配していたけど、このころはまだまだ大丈夫と思うようになっていました。

でも、いつも褒めない先生が褒めてくれるって、もしかして逆に・・・と少し心配にもなりました。


IMG_1138.jpg
↑8月13日の写真
 左頬が大分腫れてきています


◆8月14日

新たな現象を発見。

よーちゃんがジュースを膝にだっこしてテレビを見ているとき、

ジュースの横顔をみると、なんだか変

腫れている左顎の先端くらいから膿みたいなのが出てるではないか

「なんじゃ」と思って良く見ると、顎に穴が開いているではないか

膿状のものはドバっと出ているわけではないけど、小さい穴から絞り出てくる感じです。

何度か拭いてあげるとそのうち止まりました。


直ぐにネットで検索すると、やはりメラノーマが引き起こす現象の1つで、あまりいい現象ではないということが分かりました。

週末に院長先生に報告すると、「そうですね」と普通に。

ゆくゆくは穴が広がり、口腔内の成長を続けている癌細胞部分や食べたごはんが

その穴の部分から出てきてしまって、栄養が体に吸収されなくなると。

そのくらい穴が大きくなったら、口の中の腫瘍を少しカットして、穴の周りの正常な皮膚同士を繋ぎ合わせる手術をしましょう、と。

そんなプラモデルみたいなことを・・・

IMG_1168.jpg
↑8月末ごろの写真
 毛が禿げた白い部分の真ん中辺りに穴があります
 開きたてよりも大分禿も穴も広がってきています

そして9月に入る頃は、禿部分の中で穴が2つに増えました



◆8月末

恐らく強いステロイド剤になっているため、ものすごい大量に水を飲みます。

1分間くらい飲み続け、そのままトイレトレイへ向かい、大量のおしっこ、というのが繰りかえされます。

ときには、トイレしてまたその足でお水を飲みに行ったりとか。


で、お水を飲んだ後に器を覗くと、なかなかすごいサイズの腫瘍部分が浮いていることがあります

IMG_1166.jpg


しかも、かなり腫瘍部分が成長してきてしまっているので、

ほっぺから顎下くらいまでが全部お水の容器につかるので、

直ぐに口周りを拭いてあげないと部屋中ビショビショ

夜寝ているときはさすがにお水の頻度は減りますが、1晩に3~4回は起きて水飲むかな?

随分前から自分ではベットへ登るスロープも、階段も上がれなくなってしまっていたので、

水を飲むたびに急いで口周りを拭き、またベッドへあげてあげるので、なかなか深くは寝れません。

でもジュースのためだもん 全然苦ではないよ 


このころには、このくらい成長してきていました。

IMG_1164.jpg



とりあえず今回はここまで、と。
ジュースのからだ その3



さて、さて、続きです。


4月9日にカットした腫瘍ですが、1か月ほどでまた大きく成長してきました。


◆5月3日

あと1週間位で、以前のように口の外に腫瘍が出っぱなしになりそうな気配

先生に言うと、腫瘍の根元を糸で縛っておくので、翌週切除しましょう、とのこと。

翌日には更に大きくなり、早速口の外に出たままの状態になる。


◆5月7日

朝ごはんのとき、腫瘍部分が糸で縛った部分から自然に取れて落ちました



しばらくするとまた腫瘍部分が成長してきましたが、

もう顎の根本の方から腫れてきているのでこれ以降のカットはできないとのこと。

今後は徐々に成長してくるのを、ただ見守ります。



◆7月

メラニン色素(黒色)が腫瘍部分からジワジワ染み出しているそうで、

常に黒い(時に茶色だったり)お汁が口から少しずつ流れている状態。

時には血を流したりしますが、しばらく抑えてあげると止まります。

IMG_4516.jpg

3日間血が止まらなかったときはさすがに心配になり病院に行きましたが仕方がないらしい

この時は血が固まる前に出てきてしまうので、ドロっとした状態の塊がどんどん取れてしまいます。

IMG_5490.jpg

時には、お水の器にこんな塊が沈んでいることも

IMG_6334.jpg
※レアチーズケーキベリーソースがけの映像ではありませんよ


血を早く固める薬をもらったり、止血効果がある液体でしばらく抑えたりして血を止めました。



それと初期とは違って、成長はじんわりになりました。



好転はありませんが、そんな状況を正面から受け止め、自然に付き合えている感じ。

IMG_7310.jpg
↑でもさすがにちょっと浮かない顔



でもまだまだ、元気食欲は変わらず



ふと見ると、窓枠の狭いところに無理した体制で乗っかって何してるのかな~

IMG_0970.jpg


と思うと、大好きなよーちゃんをただただそばで見守っているだけだったり

まったくおちゃめなおばさんだねぇ~

IMG_2622.jpg



また違うときは、年甲斐もなく、パピーのような笑顔を見せてくれたり

IMG_3294.jpg



大好きなよーちゃんの肩を借りて、これまた大好きなテレビをまったり見ていたり

IMG_1020.jpg



そして、家族全員の記念写真が欲しいっ

ということで、記念写真を撮ってもらったり。 → お世話になったお店


IMG_1081.jpg


DSC_0133.jpg


DSC_0325.jpg



そんな感じで、毎日を大切に、大切に、過ごしていました。


そして7月後半には、毎食処方している薬が倍の料金になりました。

きっと、強い薬に変わったに違いないのだと思います。。。



とりあえず今回はここまで、と。
ジュースのからだ その2



さて、さて、続きです。


その1で書き漏らしちゃいましたが、本犬に痛みはないそうです。

間接的な影響で、違うところに悪影響を及ぼした結果、苦しくなるということはありますが、

腫瘍そのものが痛いということはないそうなので、これはとびっきりありがたい情報

痛いのは可哀想過ぎるので、本当に良かった




今後の方針を決めましたが、もちろん出来ることはやってあげたい


非常に稀ですが、病院から処方された薬で、腫瘍部分がポロッと取れたという症例もある、

と先生からは言われていましたが、それは本当に本当に稀なこと。

処方の薬だけに頼るのも・・・

ということで、ダメ元ですが我が家がとった対策を一応ご紹介。


◆3月9日~

ネットで調べると、エノキ汁が効いたというワンコの情報が
(人間のガン予防になるという情報もよくありますよね)

これは直ぐにできるぞっっっっ

作り方が正しいかは別として私は、、、

エノキダケを一袋分、細かく刻み、2L位のお湯で煮詰める。

1時間位煮詰めて1/3位の量くらいになった汁50cc位を、ごはんに混ぜてふやかせる。
(歯が弱ってきていたので、元々少しごはんはふやかせてました)

ついでに煮詰められちゃった細かいエノキもトッピングとして乗っけて食べさせる。

本犬は、全く違和感なく今まで通り完食


◆3月16日~

犬、ガン、等で検索すると上がってくる免疫を整えるという「コ○○○M」を試す。

ネットで見ると怪しさ満載に感じましたが、一部の動物病院でも販売しているみたいだったので怪しさは少し減少

信じてとにかく試してみることに

これは白いパウダー状の物なので、ごはんに振りかけて与えました。

ガン予防にもガン治療にも使えるようですが、うちは治療なので1回の分量がなかなか多い。

あっという間になくなります

そしてなかなかお高い


◆3月18日

左顎の腫瘍部分が膨らんできて、3cm位で丸くぷっくり膨らんでいる状態。

口をあけると見えますが、まだ口は閉じられている。

※写真はグロテスクな物は小さく表示します。
 クリックすると大きくなるので、詳しく確認したい方はクリックしてください。


ジュース1503-1



◆3月下旬

エノキ汁、コ○○○Mは継続。

肺が以前よりも白くなってきていて、肺とリンパに転移の可能性が高いことを聞かされる。

腫瘍はかなり大きくなってきていて、5cm程度。

口はなんとか閉じられているけど、ガハガハするとグロイ腫瘍が丸出しになってしまうサイズ

ジュース1503-2


元気、食欲はキープ さすがパグ



◆4月頭

影響が見えてこないので、コ○○○Mは中止。

お手軽なエノキ汁はしばらく続けたが、やはり影響が見えないのでその後中止。

(当然ですが個体差がとてもあり、ジュースには効果が見えなかったという意味です)


◆4月8日

掻いた?のか、腫瘍部分が口の外に出てしまって、口の中に戻らない状態に。

本犬も気になる様で、掻こうとしますが、掻くと腫瘍が破けるのか血だらけになるのでカラー装着。

ジュース1503-3


病院に電話すると、院長がお休みなので、血が止まるようなら翌日に来るように言われました。

少し経つと血はなんとか止まりました。


◆4月9日

朝一で病院へ。

口の外に出てしまい、中に戻らなくなった腫瘍部分(5cm四方程度)の根本を糸で縛り、出てしまった部分を丸々カット
(無麻酔で対応可能な処置。こんなことしても本犬は痛みも感じないそうです。)

方法としては麻酔をしての全体切除もあるが、

ジュースの場合は既に転移しているであろう、当初より倍位に腫れてきているリンパを刺激して更に腫れた場合、

呼吸困難になる可能性があるので、もう手術はできないとのこと。

今後は週1回、インターフェロン注射をしていくことになりました。



腫瘍部分をカットすると、何事もなかったようにスッキリ

元の可愛いジュったんのお顔に戻りました

しばらくの間は、元の通りまた平穏な日々が訪れました


ジュース1503-4



とりあえず今回はここまで、と。
いくつになったかなぁ♪
ナツのプロフィール

ナツ

☆ナツ☆
黒パグの女の子
大好きなとーさん&かーさんの結婚記念日と同じ誕生日♪
運命感じちゃいます

ココのプロフィール

ココ

☆ココ☆
フォーンパグの女の子
やさしくけど、怒るとこわ~いお姉ちゃんと楽しい毎日!

ジュースのプロフィール

ジュース

☆ジュース☆
黒パグの女の子
ココとはライバルだけど
でもとっても仲良し♪

よーちゃん&eco プロフィール

よーちゃん&eco

Author:よーちゃん&eco
江戸川区在住。大好きな娘たちに囲まれて大好きなお酒を飲んでいる幸せな2人

最新コメント
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Photo
ココナツジュース飲んで行かない?
Basic Calendar
<06 | 2017/07 | 08>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
パグちゃんのお友達
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ワンコ時計
by Pets!
バナーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。