*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジュースのからだ その1



またまたすっかりご無沙汰しまして


我が家は、みんな変わらず元気です

・・・と言いたいところですが、若干名ベストな状態じゃない子がいます


なにも情報を持っていなかった我が家は、ネットでいろいろ調べて知識を得たりしたので

どこかにいる同じ状況の誰かのために、少ないかもしれませんが我が家も記録を公開させていただきます

(自分たちのための記録の意味もあるので、何回かに分けて状況を少しずつアップしていきたいと思います)



まず、結果から先にお伝えすると、我が家の可愛い可愛いおばさんジュースが

『悪性黒色腫(メラノーマ)』

になりました。


メラノーマは人間もなりますが、人間の場合は大抵良性で、ほくろのような皮膚癌です。

犬の場合、皮膚、つま先、口にできることが多く、皮膚の場合は大抵良性、

つま先や口にできた場合は大抵悪性のようです。

ジュースは口腔内でした



以降は順を追って記していきますね。



◆3月2日

ふと見るとジュースの片頬が若干腫れているように見えました。

前日、今まではあげたことが無かった種類の歯磨きおやつ(固め)をあげていたので

歯茎を傷つけたかな程度の軽い気持ち。



◆3月4日

念のため病院に連れていくといつも診てもらっている院長先生がお休み

ま、歯茎の傷程度だから違う先生でいいか~と違う先生に診てもらうと

X線検査を受け、殆ど説明はなく、ただ

「恐らく悪い状況です」「院長先生がいるときにまた来てください」と言われ内服薬を処方されました。

「んな訳ナイナイ」と思いながら帰り、院長先生がいる日に改めて診察に来ることに。



◆3月8日

院長先生に診察してもらうと、結果この病名を告げられました。


極めて進行が速い病気なので、以下のどの対応を取るか、直ぐに決断する必要があるとのこと。

①CTを取る(全身の状況を確認) → オペ & 放射線治療
                     → 温存 (大丈夫そうなら)
 ※私の受け取り方
 =腫瘍に侵されてしまった可能性があるエリアも含めて念入りに調べ、可能性がある部分も含めて、根こそぎの対処

②オペ(部分切除) → 温熱療法 + 抗がん剤
 ※私の受け取り方
 =腫瘍に既に侵されたと確認できる部分のみを取り除き、あとは再発しないことを願いながら
  もし再発・転移したところが出てきたら対応をとる、祈り&後手の対処

③免疫治療(内服注射) 
 ※私の受け取り方
 =できるだけ苦しくないような対処をするのみでゆっくり運命に任せる



ただただ頭が真っ白になり病気の名前もピンとせず、

「悪性腫瘍」ということだけが理解できただけで、涙が止まりませんでした



・・・・。選択するってとってもとっても難しい・・・。


家に帰り緊急家族会議

どれもメリットデメリットがありますが、特に①は
・大学病院などの大きな病院に行って対処
・恐らくオペでは片顎を全て摘出
 (顔が変形するので補完するものを代わりに入れることもできるが、それをすると再発の際に見つけずらい)
・費用が多くかかる

という話でした。


いずれにしても、そもそも転移が進んでいる可能性が高く、手術だけでは対処しきれない可能性が高いという話でした。

しかもジュースは、里親としてうちにもらってきたときには、フィラリアが強陽性という状態で(もちろん今は陰性)、

長い間心臓に負担がかかった状態であったので、元気な子の心臓より今も負担を抱えていることは分かっています。
(どちらかの心臓が肥大していて、あばら骨に触れているという診断を過去にも受けていました)

さらに気管虚脱でもあります


先生には、手術ができないほどの状態ではないと思うとは言われましたが、やっぱりできれば手術は避けたい・・・。

ジュースに頑張ってもらって手術が成功したとしても、既に転移している可能性が高いなら尚更

小さな命を懸けた大きな賭けには出たくありませんでした。


落ち着いて総合的に考えた結果、ほぼ迷いはなく、私たちは③の免疫療法+ホスピスケアを選びました。

与えられた命を大切に、その時が来るまで、無理はせずに生きてもらおう



(恐らくは元々ブリーダー犬で、沢山産まされたがゆえに)

膣脱し、出産ができない体になったので動物愛護センターに持ち込まれていたジュース。
※()は想像です。

ボランティアさんのおかげでもう一度命を与えられました


ハードであったであろう犬生を送って、縁があってうちに来てくれたジュースには

ノンビリまったりと長く過ごして欲しかったけど、太く短く駆け抜けたいタイプみたいです。



ここまでで、腫れを発見してから約5日間の出来事でした。



とりあえず今回はここまで、と。
酸素室へ



今は殆ど元どうり元気になったジュースのある日の報告。



その出来事は、いつもはよーすけが入れてくれる娘たちのお風呂を


私が入れたこと?がきっかけだったのかも知れません。。。



■一日目

夜お風呂に入れる。

みんな体は拭いたものの、10分程度寒い脱衣所で待っててもらった。

その後は暖かい暖房のきいた部屋で寝るまでを過ごす。

夜中から朝方にかけて、ジュースが空咳をし始める。



■二日目

朝空咳がまだ続くが、仕事に出かける。

寒いところで待たせたから風邪でも引きかけちゃったかな?という軽い勝手な見解。


夜帰ると、咳が酷くなっているような感じ。

そのまま病院へ。

とりあえず、気管拡張剤と抗生剤の注射を処方。

状況によってはステロイドの対応もとるが、初期段階で直ぐに一緒に処方するのは

控えたいとの先生の話で、この日はステロイドは処方されず。

お風呂後ということで感染症の疑いもあり、とのこと。
(お風呂の水を飲んだとか)

翌日様子が変らなければ、再診後レントゲン検査。



■三日目

朝起きても様子が変らず。

咳が大分辛そう。朝一で病院へ。


万が一、病院で同じような咳が出なかったときのために

動画も撮って持参する。


その時のジュースの咳の様子↓

[広告] VPS




検診、気管拡張剤、抗生剤とステロイドの注射とレントゲン。

先生からは、かなり重い咳で対応が必要、とのこと。


レントゲンの結果(カッコ内は正確な説明ではないかもしれないけど)、

・気管虚脱
(気管支が狭くなり、空気が吸い込みずらい状態)

・無気肺
(肺がつぶれた状態で、息を吸っても肺が膨らみ切らず、
 酸素をためるエリアが狭まっている状態)

・肺水腫
(上記の症状により肺に水が溜まっている状態)


この3つの現象が起きているとのこと。

このまま高酸素室へ入院。

家に酸素室をレンタルする必要性についての説明も受ける。

夕方、再度来院の指示をされる。


夕方、電話をして状態を確認すると大分落ち着いてきたとのこと。

大急ぎでお迎えに。

酸素室の中でイイコに横ズワリ(笑)して見つめてくるジュースと対面。

先生からは、状態は落ち着いてきているので

一旦家に戻ってその後の経過を見て、電話をするよう指示を受ける。


家に帰ると、ジュースはココ・ナツの手荒い歓迎を受ける(笑)

帰宅直後は興奮して咳が出てしまうものの、

15分くらいで落ち着いて、咳もあまり出なくなる。



■四日目

朝病院へ。

気管拡張、抗生剤の注射をしてもらう。

様子は落ち着いてきているので、飲み薬に切り替え。

気管拡張、抗生物質、朝は+ステロイドの薬を処方される。

1週間様子見。

注射には肺に溜まった水を体外に出すための成分もあるので、

オシッコの量がすごい。

トレイまで行きたい気持ちはありそうだが、

間に合わずカーペットでしまくり(笑)

半日位はすごい量のため、オシッコは無色透明。






ということで、一週間が経ったところです。


おかげ様で状態は元通りと思われます。



先生曰く、原因は、もしかしたら確かにお風呂が何かしらのきっかけだったのかも知れませんが、


フィラリアを持っていた(恐らく今は死んでいるか極めて衰弱している状態)経歴を考えると


肺の状態は多分昔からだったのではないかと考えられる、とのことでした。



フィラリアにより、心臓やその他の内臓にも負担はかかっていたはずだから


驚くことはなかったです。


興奮して息が上がると咳払いみたいなのはよくするし。


ただ、定期的にレントゲン検査をしていれば、


もしかしたら軽い症状の時に分ってあげられたのかな?


という気持ちはあります。





何はともあれ、ジュースが無事元気に戻ってきてくれてよかったぁ~!!


気管虚脱等は直ることはないそうなので、悪化しないようにするだけ。


薬を常備して、辛そうなときは薬を飲ませて酸素を取り込みやすくしてあげるようにとのこと。


歳をとった短頭犬種には多いようなので、気をつけておいてあげましょうね。




久しぶりの娘の体調不良だったので、ちょっとビックリ。


みなさん、咳が続いたら要注意ですよ!


__.jpg

ジュース:みんなも気をつけてね。



にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
ジュースよかったね!のポチお願いします。


いつもありがとうございます

憎っくきアイツよ、さようなら



どもども。


天気は良いが、寒いっ!


いよいよ年末が近づいてきてる感じもしますよね~。


・・・歳をとったのか


年々、クリスマスより年末年始の方が実感沸くようになりました。


これって・・・やっぱり・・・老い




DSC02822.jpg

こんにちは。ジュースです。今日はワタシの体の話を・・・

この顔最高~!!





ジュースを里親でもらってきた時は強陽性反応だったフィラリア。その当時の記事はこちら
(もちろん正式譲渡前から分っていました。幸いミクロフィラリアはその時は検出されず。)




やっぱり虫が寄生している分、体や内臓への負担は大きいので、


できれば大人しく(ランも時間制限で疲れさせないように)と言われていました。


ま、ココナツもいるし、大人しくなんて・・・できないですけどね




ジュースがどういう環境で育ってきたか、正確には分りませんが、


膣脱する程出産をさせられ、関節には座りダコもある状態で、


動物愛護センターにいるところをちばわんさんが引き出してくれた子でした。


間違いなく幸せな環境で育ってきた訳ではないことは容易に想像できました。



走ったことなかったのかな?体の調子がやっぱり良くなかったのかな?


最初は歩くスピードが早い程度の走りしかしませんでしたが、


うちに来て丁度1年後くらいのころのある日、


手と手、足と足を揃えて走る、いわゆる「走り」ができるようになりました!


あ、もちろん全然ノロイけどね(笑)


もしかして大分体調が良くなってない??と思って再検査をしたかったけど、


フィラリアは蚊が活動的に飛び回る夏場、しかも夕方の時間帯に検査するのが有効的だといいます。

※ミクロフィラリアは蚊を媒介して寄生していくので、効率よく蚊に吸ってもらい繁殖していくために、
 蚊が活動的な夕方の時間に、皮膚の表面の血管に寄って来る習性があるそうです。


で、いよいよ今年の秋。


再度フィラリアの検査をしてみました。


と、なんと陰性反応にっ


検査の反応は全くのゼロではなく、「陽性レベルには満たないので陰性」


という結果でしたが、それでもヨイヨイ


先生のお話では、フィラリアは恐らく死んだか相当弱ったとみてよいでしょう、と。


でも念のため更に半年間くらいはフィラリアの薬を飲み続け、


更にフィラリアを弱らせていきます。

※フィラリアの薬を飲むと、心臓に寄生した親虫が死んで、その死体がつまって血流が止まったり、
血管内にミクロフィラリアがいると、薬を飲んで一気に死んだミクロフィラリアが血管内に大量に産生されて、
ワンコの体内で激しいアレルギー反応が起き、死に至ることがあるので、
フィラリアの薬の前にはそれを抑制するお薬も飲ませます。


半年後の検査でも陰性だったら、通年の投与はしなくて良くなりそう


おまけにココナツも念のため通年飲んでいるので、これもなくなる~♪

経済的にも嬉しぃ(笑)




元気一杯にオバサン街道まっしぐら!で行こう!


健康な体を手に入れる。


こんなに重要で、最高なことはないですよね



DSC05878.jpg





でも残念ながら、数週間前に血尿がでて、膀胱炎かと思ったらストルバイト・・・。


IMG_0030.jpg



今はストルバ治療のお薬を服用して、頑張っているジュースです。
(お薬自体はチーズ味のようなので、本犬はおやつのトッピングとしか思ってないと思うけど(笑))




これからもジュピーヌをよろしくね~




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
ジュピーヌよかったね!のポチお願いします。


いつもありがとうございます
ウー子と呼ばれて・・・
今日はココナツママの更新で~す。



またまた、お久しぶりになっちゃいました。スミマセン






突然ですが、ジュースが我が家に来て



0926-4_20100601131039.jpg



こーんな見事に、熟女のようなセクシーポーズを決めていたころ、



P1080056_20100601131039.jpg



こんな感じで首から背中にかけては見事にまっ茶色でした。




1枚目の写真でも分りますよね





我が家では『ウー子』とも呼んでいましたよ。





あっ、もちろん『オラウータン』の『ウー』から取ってます。








でも、数ヶ月後にはスッカリ




DSC07558.jpg
※コレはごく最近の写真です




真っ黒に。





初めはそういう毛質なのかと思ってましたが、変ったってことは、






環境とか、栄養とか、精神状態とか、影響するんでしょうか・・・。








今ではココナツを抜いて、一番毛並みが綺麗で黒々としてます。









・・・・・あっ・・・・・





この方のここは、ちっちゃい頃から、犬一倍やけに真っ黒デス。




DSC07469.jpg









にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
へーそんなこともあるのかもねって思った方、ポチっとしてくれると嬉しいです!
ジュースのからだについて
今日はココナツママの更新で~す。


またまたお久しぶりの更新でそんまそん。




今回は、ちょっとだけ真面目な内容になりますよ




いろんな意見の方がいると思うので、



この記事を載せることにも、内容にも異論を持つ方が沢山いらっしゃると思います。



読んでいて疑問を持った方は、是非読むのを止めて違うブログに行って下さいね






遊んでくれた一部のお友達には話したこともありますが、実はジュース、フィラリアが陽性です。







続きを読む

いくつになったかなぁ♪
ナツのプロフィール

ナツ

☆ナツ☆
黒パグの女の子
大好きなとーさん&かーさんの結婚記念日と同じ誕生日♪
運命感じちゃいます

ココのプロフィール

ココ

☆ココ☆
フォーンパグの女の子
やさしくけど、怒るとこわ~いお姉ちゃんと楽しい毎日!

ジュースのプロフィール

ジュース

☆ジュース☆
黒パグの女の子
ココとはライバルだけど
でもとっても仲良し♪

よーちゃん&eco プロフィール

よーちゃん&eco

Author:よーちゃん&eco
江戸川区在住。大好きな娘たちに囲まれて大好きなお酒を飲んでいる幸せな2人

最新コメント
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
Photo
ココナツジュース飲んで行かない?
Basic Calendar
<10 | 2017/11 | 12>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
パグちゃんのお友達
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ワンコ時計
by Pets!
バナーエリア
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。